Notes vol.2
日々の手帖
↓

Tales of ARISEクリアレビュー(1周目)

32

テイルズオブアライズ1周目クリアしました。ゲームをオンタイムでプレイしたの久々な気がする。
時代はe-sportsイースポーツですが、私は変わらず1P黙々プレイの陰キャゲームで遊んでます。陰キャゲー愉しい。

アルフェン(主人公):剣技一択、命(HP)を削る大技を日常使いする脳筋
ロウ:体術、手より足派のインファイター
シオン:銃(遠距離)、属性魔法、回復術、フードファイター
テュオハリム:棒術、属性魔法、回復術、全部いけるが癖強め
リンウェル:属性魔法、敵の詠唱も止められるし横領もできる
キサラ:盾で戦ういわゆるタンク、気持ちよく色々キマると味方バフ

という感じのメンバーなので、ずっと上記の上から4名でパーティー組んでた。テイルズは持てる回復アイテム数が少ない(1種につき上限は15個)ので、回復が2人居ると大分楽。サブキャラとして配置した2人もブーストアタックは溜まれば都度使えるので全然戦力でした。
役割がはっきりしていて、全員ちゃんと可愛がれる。
キサラなんてバトルの操作キャラとしてはほとんど使っていないけど、ストーリー上ではめちゃくちゃ仕事してますからね。お洗濯たたんでくれるし...。

前作のTales of Vesperiaテイルズ オブ ヴェスペリアよりも更にバトルの操作感が軽くなったと感じた。UIの違いかな?なんだろ慣れ?
バリエーションのある術技と通常攻撃、回避、それに続くカウンターとしての通常攻撃(カウンターレイド)、個人技のブーストアタック、協力技のブーストストライクなどなど、やることが色々ありすぎるのがアクションRPGですが、操作感にストレスがないのでヌルゲーマーにもおすすめ。適度に忙しく、でも指がバグらない程度の操作感っていいよね、ARPG大好き。ドラクエは寝ちゃう...寝ても全滅しないし。

アクセサリ合成は、素材合成→強化→スキル移植の3段階で行われるのですが、なんていうか...手元の素材数が多すぎて(簡単に手に入る)そこから欲しいスキルを個別にチマチマ探すのがめんどかったですね...。ちゃんと作ればかなりキャラ性能に合ったいいアクセサリができるから頑張るんだけど、1個いいやつができたらもういいわ...これでずっといくわ...的な感情が。

グラフィックもめちゃくちゃ良い。スキットも含めてCGパートは風景描写、人物の表情、どちらのクオリティやバランス(いわゆるアニメ顔とマッチする程度のリアリティ)もかなり良くて没入感あるわぁ...って感じでした。
逆に、アニメパートでめっちゃ興ざめする。メインの3Dパートとテクスチャがあまりにも違いすぎるし、スキンも急に全部デフォルトに戻されるので「おまえら誰...」となる。最後の最後にアニメパートぶっぱされて「...ちょっと...ぇ...」ってなった。丁寧に作り上げた世界観はエンディングにまでしっかり維持して欲しいと切に願いますね!たったひとつの苦言!

ストーリーも政治色が濃くなくてわかりやすいので最後までちゃんと追えます。
チラッと2周目もやってみたんですよ、したら1周目のとき全然気付かなかったタイミングのあの場になんとアイツが!みたいな若干のホラー要素もあった。
クリア後の2周目を前提とした強さの敵も居るので、ちょっと寝かせてまた周回しようかなーという感じです。トロコン信者だし。

テイルズシリーズも会話やムービーパートが多かったりするけど、英雄伝説シリーズの画面がスリープするほどくどくど喋り続けるあの感じよりはずーっとライトで丁度いい。

...さて、くろの軌跡(英雄伝説シリーズ最新作)始めるか...。超腰が重い...。

Tales of ARISE(PS4) Tales of ARISE(PS4) / バンダイナムコエンターテインメント
★★★★☆
ぼくはやっぱりテュオハリムちゃん!
シオンの髪型スキンは「海水浴」の前髪ありがおすすめ。
(PS5もあるよ。)